ピルを始める前に知ってほしい4つのこと   >   低用量ピルの避妊以外の効果

低用量ピルの避妊以外の効果

低用量ピルの避妊以外の効果

低用量ピルと聞くと、どのような効果を持つか大体の女性はわかるのではないでしょうか。

低用量ピルは女性ホルモンに似た有効成分を摂取することで、排卵を抑制して妊娠するのを防ぐために服用します。

しかし、低用量ピルには避妊以外の効果があるのです。
どれも女性にとっては嬉しいメリットばかりですので、ますます低用量ピルを飲みたくなるでしょう。

生理の周期が正しくなる

通常、女性の生理周期は毎月ほぼ決まっているのですが、生理不順の場合だと生理の周期が狂ってしまうことがあるのです。

低用量ピルを服用すると毎月同じ週に生理が来るようになるため、予定が立てやすくなるでしょう。

PMSの緩和

PMS(月経前症候群)は、排卵を境に女性ホルモンの変動が起こることでひき起こされます。
排卵が終わると、卵胞ホルモンの分泌が減って喜びを感じさせるセロトニンという物質の分泌量も減るのです。
その結果、憂鬱な気分になったりストレスを感じやすくなってしまいます。

ピルは卵胞ホルモンの役割果たすため、服用すると脳が卵巣に休息するように命令します。これにより、PMSの症状が緩和されるのです。

婦人系の病気の予防

子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんといった婦人系の病気は、低用量ピルを飲むことで予防することができます。

婦人系の病気の多くは女性ホルモンのバランスが起因しているため、ピルでホルモンバランスをコントロールすることで防ぐことができるのです。

ニキビの改善

にきび治療に低用量ピルを飲んでいる女性は意外と多くいます。
大人ニキビは男性ホルモンが過剰に働くことで皮脂分泌が盛んになり、ひき起こされます。

ピルに含まれる卵胞ホルモンには、皮脂分泌を抑える効果があります。
ピルを飲むことで女性らしいきれいな肌に近づけるのです。

低用量ピルの通販サイトは、ぜひこちらをごらんください。